10-11-1 忙しい人のための「ラッシュライフ/伊坂幸太郎」

d0058371_028521.jpg


死体が勝手に動き出し、その後バラバラになる。
バラバラになった死体が今度はまた一体の死体になり、歩き出す。


こんな不思議な話が、5人の登場人物のそれぞれの物語が展開してゆき、最後には解決。
スッキリする内容の本だった。
実際は5つの物語を途切れ途切れに読んでいくわけだが、
そのうちの2つの物語だけでも成立するので、それだけ紹介。

京子の話-1
カウンセラーの仕事をしている「京子(自意識過剰でプイライドの高い女)」は、
不倫相手のサッカー選手「青山(サッカー一筋。世間知らずの、ばかマジメ)」と、
青山の妻を殺す計画をたてる。
夜中に二人で青山の家に行って、寝ている奥さんを絞殺するという寸法。
その移動中、誰もいない真っ暗な道で男性をはねてしまう。即死。
運転していた青山は真っ青。落ち着いている京子。
京子は「この男性は青山の嫁と不倫中で、嫁と一緒に心中をしたことにして、
車ごと海に落とそう」と提案する。
言いなりの青山は、しぶしぶ死体を車のトランクに乗せる。
「この死体、冷たい!死体ってほんとに冷たいんだ!」と混乱している青山。
「そんなに早く冷たくなるわけがない。単純に風が冷たいからだ。」と冷静な京子。
死体を乗せた車は、青山の家に行く途中、なんと2回も勝手にトランクから飛び出した!
そのつど、しっかりトランクを閉めてなかったからだ。いや、閉めた!と言い争う二人。
もともと膀胱炎の持病をもつ京子は、車を止めさせ、トイレをしに林に入っていく。
すぐ後から付いてきた青山は「この林に死体を埋めよう」と提案する。
5分ほど言い合いをしたが、聞く耳を持たない京子。
二人は車に戻りトランクを確認すると、なんと死体がバラバラになっている!
青ざめる青山。ちょっとびびる京子。
とにかく車に乗り込み、計画とおり青山の家へ車を走らせる。
と、なんと!トランクが急に開き、バラバラだった死体がガバっと起き上がる。
そしてふらふらと歩き始めた。
これには腰を抜かす京子。
混乱した二人は青山の家のほど近くで、はぐれてしまう。

これは怖い。


河原崎の話-1
「若い男性で、足の付け根に傷があります。」
そんな尋ね人のチラシの裏に絵を書きながら
河原崎(絵がうまい青年、宗教団体の信者)は、
塚本(宗教団体の幹部)を待っていた。
その宗教団体は「高橋」が教祖様。
過去に高橋は、殺人事件を解決に導いたことで一躍有名になった。
河原崎は、父親が自殺し人生のどん底にあったときに宗教団体に入信。
川でおぼれていた猫を、高橋が助けたのを偶然目撃し、強い憧れを抱いていた。
そのときに見えた、高橋の背中にあった傷さえ神々しく感じた。
そこに現れた塚本は衝撃的なことを口にした。
「最近高橋さんがおかしい。もう昔の高橋さんじゃない。」
「高橋さんが本当に神であるか、確かめたい。」
「殺してバラバラにする。神を解体する。」
「河原崎君には大昔の医学書のように、解体された神をスケッチしてほしい。」

その日の夜、指定されたマンションに行くと
すでに高橋は死体となって裸で横たわっていた。
高橋を解体し始める塚本。
バラバラになった神の腕、胴・・・夢中でスケッチを続ける河原崎。
足のスケッチに取り掛かろうとしたとき、「足の付け根に傷があること」に気づく。
「尋ね人の男ではないのか!?高橋さんではない!?」
ちぎれた胴体をひっくり返すと、背中の傷がない!
「この死体は誰だ!?なぜ私をだました!?」
塚本につめよると、悪びれることもなくこう言った。
「このバラバラ殺人の犯人はお前だ。河原崎。」
「そしてそれをつきとめるのが高橋さんだ。」
「私は他の幹部たちと口裏を合わせ、アリバイが成立する。」
「高橋さんは再び殺人事件を解決して、全国に名を知らしめるのだ!」

河原崎、ショック大!


京子の話-2
なんとか歩いて青山の家付近までたどり着いた京子。
そこには青山と嫁が立ち話をしていた。

「あの女(京子のこと)を殺すために、作戦通りトランクに隠れていたら、
急にあなたが人をはねて、しかもその死体をトランクに詰めこむなんて信じられない!」
「あの死体の冷たさは、ずっと昔に死んだ死体のものよ。」
青山と青山の嫁は、実はグルで、京子を殺すつもりだったのだ。
だまされていたのは京子のほうだった。
「私は気持ち悪くて、2回もトランクから死体を投げ出したわ!」
「もっと気持ち悪かったのは、ずっと私たちの車をつけてきてた車がいたのよ。」
「死体を置いて、2人で林に入っていったとき、なんとその車から男が出てきて、
トランクの死体を盗んだの!」
「かわりに大きなバッグを置いていったわ。その中にはバラバラ死体が入っていたの!」
トランクの中にあったバラバラ死体は、はねた男ではなく別の死体だった。
その後、さらに京子を驚かせるために、青山の嫁は黒い布をかぶり、
あたかもバラバラ死体がつながって、生き返ったかのようにふらふらと歩き出したのであった。
茂みに体を隠してこの会話を聞いていた京子は、
手玉に取っていたはずの男と、殺してやろうと思っていた女に
自分がだまされていたことを知り、プライドがズタボロ。
そのショックで頭がおかしくなった。
「どこか高いところから飛び降りて死のう・・・駅から見えるあの展望台から・・・」


河原崎の話-2
塚本の発言に怒り狂った河原崎は、塚本の首を絞めて殺してしまう。
バラバラになった誰かもわからない死体は大きなバッグに詰め、
塚本の死体をおんぶして、ふらふらと車へ乗せる。
車は人のほとんど通らない林道へ。
河原崎は塚本の死体を担ぎ上げ、茂みから出ようとしたとき、
死体の重さによろけてつまずいてしまう。
前へ投げ出されるように道へ出た塚本の死体は、車にはねられてしまう!
しかも、加害者たちは塚本の死体をトランクに詰めて持ち去ってしまったのだ。
そのまま発進した車の後を急いで車で追う。
途中、二度ほどなぜか死体がトランクから投げ出されるように落ち、車は林で停車する。
死体を埋めるための穴を掘りに行ったのか、その隙をついて、
塚本の死体を取り返すことに成功する。
しかし、バラバラ死体が入ったバッグをそのトランクに置き忘れてしまう。
もう人生オワタ!!と絶望した河原崎は、自殺した父親を思い浮かべていた。
高いビルから飛び降りた父親。
目の前には高い展望台がそびえ立っていた。

おしまい。



本当は5つのストーリーがあって、
京子の夫の同級生で、泥棒の黒澤。
絵画商の戸田。
リストラサラリーマンの豊田。
とかでてきて、それぞれの話が最後にはリンクしていることが明らかになり、スッキリする。
推理小説?っていうのか、とくに感想とか、感じたことはないけど、
じょじょにバラバラ死体の謎が明らかになっていくのが、
いろんな目線で種明かしされていくようで、おもろかった。
こまかーいところでリンクしている人物と、
最後にみんなが展望台を見上げるという大きな共通点。
ミクロとマクロが合致するというか、すごくよくできた話だった。
「バラバラだった死体がつながる」という題材で
「バラバラに進む、それぞれのストーリーが一本につながる」というまとめ方。
もうええわ!どこまでキッチリ話つくっとんねん!
[PR]
by tnalbmes | 2010-11-01 00:27 | diary100


homepage100F


by tnalbmes

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
diary100
want100
get100
android 100
Design100
未分類

以前の記事

2014年 03月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

最新の記事

get074 ウェグナーGE..
at 2014-03-28 00:01
get073 パナソニック ..
at 2014-03-23 22:13
14-03-21 イームズキ..
at 2014-03-22 00:30
忙しくない人のための 小沢健..
at 2013-09-01 22:24
get072 イス塗った
at 2013-07-28 23:48

twitter

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
雑貨

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30